• お問い合わせはこちらから
  • 0899210940
  • 0875230188

補聴器Q&A

質問一覧

Q. 補聴器はいつから装用すれば良いですか?

聞こえの不自由さ(例えば、聞き返しが多くなった、テレビの音が以前より大きくしないと聞き取れない etc)を感じたら、なるべく早い段階で装用を考えていただくことが好ましいと思われます。

Q. 補聴器を使うと耳がさらに遠くなりませんか?

お使いいただく方の聴力に合わせて、適切に調整された補聴器であれば聴力が悪化することはありません。ただし、必要以上の音量で常に聞いていると聴力を悪化させる恐れがあります。

Q. 補聴器の価格はいくらですか?

種類や性能により、価格が異なりますが、片耳(1台)で5万円前後から50万円くらいまでございます。お使いになる方のご要望や生活スタイル、ご予算に合わせてお選びください。

Q. 補聴器の耐用年数はどれくらいですか?

目安としては、総合支援法の補装具(補聴器)の給付を参考にすると、耐用年数は5年と言われています。どんなに大切に使っていても、補聴器は精密機器ですので、汗や湿気、耳垢詰りなどで、故障することがあります。定期的なクリーニングや修理を行うことで、耐用年数は伸ばすことができます。

Q. 購入の補助制度はありませんか?

総合支援法には身体障碍者障害程度等級に該当した場合、居住する市町村の福祉課へ手続きをすることで、補聴器などの費用が支給される制度があります。
【聴覚に関する身体障碍者手帳をお持ちの方が対象です】
-詳しくはお問い合わせください-

ページトップへ戻る